塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

縁切りとは? 福岡市外壁塗装・屋根塗装専門店 福岡ペイント

2022.01.22 (Sat) 更新

こんにちは!

福岡市南区外壁塗装・屋根塗装福岡ペイントの松尾です。

今回は、スレート屋根の塗装で注意したい縁切りについてご説明させていただきます。

 

スレート屋根の特徴

平板スレート屋根は、新築時には屋根材の上下重なり部分に4mmほどの隙間があります。

スレート瓦

これは、雨水の排出、屋根材裏面の通気性を確保するための隙間です。

雨水は、屋根材の上下重なり部分の隙間を通って排出されます。

 

塗装による雨漏りの仕組み

塗装はローラーなどで行う場合が多いのですが、その際、屋根材の上下の重なり部分の隙間を塗料の膜(塗膜)で塞いでしまうことがあります。

塗装後

隙間が塞がると、屋根材の縦目地部から浸入した雨水が上下重なり部分から排水できなくなり、屋根材裏面に水分が溜まってしまいます。

毛細管現象と呼ばれる現象により、屋根下地材(屋根の下にある木材部分)の腐朽(ふきゅう)や雨漏りの原因となってしまいます。

塗料乾燥後に塞がった隙間の塗膜を切って、水の通り道を確保する工程のことを 縁切りと言います。

 

縁切りの工法

「縁切り」によく使われていた工具はカッターと皮スキです。

縁切り工具

カッターでは塗膜に刃が入りにくく、作業効率が悪いため、皮スキを挿して塗膜を剥がすのが主流となっていました。皮スキでの作業はかなりの力を入れて屋根材を持ち上げるため、屋根材が破損してしまう場合があります。

そこで、従来の「縁切り」に代わり、多くの方に推奨させていただいている工法が「タスペーサー工法」です。

タスペーサー工法

「タスペーサー」を用いた「タスペーサー工法」は、塗装工程の前に屋根材と屋根材の重なっている部分に挿入し、適切な隙間と通気性を確保するため、塗装工程後の「縁切り」作業が必要ありません。

「タスペーサー工法」は、平板スレート屋根の工事工程を短縮し、費用を抑えることができるため、多くの施工店に採用されています。

タスペーサーによる隙間

まとめ

スレート屋根の塗装には縁切りが必要です。

現在の主流である「タスペーサー工法」で塗装による雨漏りを防ぎ、ご自宅の価値をより長く維持していきましょう。

福岡ペイントでは、多くの実績のもと適切な施工を心掛けています。

ご不明な点も詳しくご説明致しますので、外壁塗装・屋根塗装をご検討中の方はぜひ当社へお気軽にお問い合わせください。

 

 

施工事例はコチラ

工事累計1,000棟以上の施工事例の概算価格を大公開。

お見積りのご依頼は
コチラ

外壁塗装料金は
コチラ

福岡ペイントが選ばれる理由は
コチラ

正しい塗料の選び方は
コチラ

ショールームご来店予約は
コチラ

福岡市南区 城南区 外壁塗装 屋根塗装 福岡ペイント

福岡ペイント野間大池ショールーム
お客様専用ダイヤル:0120-248-228

福岡ペイントフリーダイヤル

外壁塗装ショールーム野間大池店
福岡県福岡市南区大池1丁目23-15
マクドナルド野間大池店向かい
駐車場:3台完備
定休日:火曜日
営業時間10:00~19:00(入店)

コロナ対策!ご予約優先制

コロナウイルス感染拡大防止で、ご予約優先制とさせていただきます。
(注※ご来店時はマスク着用を宜しくお願い致します)

当社では新型コロナウイルス感染症拡大防止、お客様や職人同士での感染拡大防止・ご安心の上施工していただくため、行政の指示のもと対策を行っております。
ショールームにお越しの際は、何とぞ、ご理解、ご了承のほど、よろしくお願い致します。
また、下記に当社の対策詳細を記載しておりますので、ご確認の程、よろしくお願い致します。

ショールーム内での感染拡大防止に関するご対応の詳細

〇スタッフのマスクを着用すること
〇スタッフは毎朝朝礼時に検温を行うこと
〇応接テーブルには、パーテーションを設置し、各テーブルは2m以上距離を保つこと
〇応接テーブルは、1組様ごとに消毒を行い、清潔に保つこと
〇スタッフは定期的に室内の換気を行い、清潔な空間を保つこと
〇スタッフ手指消毒・手洗い・うがいを行うこと
〇お茶やコーヒーなどの飲食物は紙コップを使用すること
〇ドアノブ、ショールーム内の設置物については、常時消毒を行うこと
〇来店が被らないように、ご予約優先制で来店予約を管理すること