意外と知らない下地処理の重要性

作業紹介

みなさま、こんにちは。
福岡県 福岡市の外壁塗装・屋根塗装専門店
福岡ペイント城南店の新見です。

外壁塗装の周期
外壁塗装とは、外壁に塗られた塗料を塗り替え変えることです。
外壁は常に風雨にさらされているため、一般シリコンは約10年前後で寿命を迎えます。
今回はそんな外壁塗装の塗り替えのときに行われる下地処理の重要性や役割についてご紹介しましょう。
外壁塗装は、ただ単に古くなった外壁の上に塗料を塗るだけで終わりではありません。
下地処理を丁寧に行わないと、耐久性にも重大な影響が出るのです。
これから外壁塗装の塗り直しをしたい、と考えている方はぜひこの記事を読んで知識を深めてください。

1.外壁塗装の役割とは?
2.下地処理とは?
3.下地処理の種類や方法とは?
4.最近の塗料は進歩

1.外壁塗装の役割とは?

外壁塗装とは、外壁の上に塗られている塗装のことです。
コンクリート打ちっぱなしなどの住宅でない限り、必ず外壁は何らかの塗料で塗装されているでしょう。
また、一戸建てだけでなくマンションなども同じです。
外壁塗装は家の印象を大きく左右します。築年数がたった家でも外壁塗装を塗り替えれば美観を保つことができます。
さらに、外壁塗装の役割はそれだけではありません。
実は、外壁自体には防水性や断熱性がないのです。
その効果を持った塗料を塗ることで、初めて断熱性や防水性が備わります。
ですから、外壁塗装が劣化すれば、外壁自体が雨風で急速に傷んでしまいます。
そうなると、住宅自体の寿命も大幅に縮まる可能性があります。
ですから、外壁塗装は定期的に塗り直すことが大切です。
一般シリコンの外壁塗装の寿命は8年~10年といわれています。
しかし、条件によってはもっと短くなることもあるでしょう。
なので、塗り替え後8年を過ぎたら外壁を定期的にチェックし続けてください。
ひびが入っていたり黒カビやコケが発生していたりするようならば、塗り替えが必要です。

2.下地処理とは?

外壁塗装は、単に古くなった外壁の上から塗料を塗って終わりというわけではありません。
上記に記載したように、外壁は常に風雨にさらされています。
ですから、当然汚れもついていますし、外壁自体もいたんでいる可能性があるのです。
それらを放置して上から塗料を塗ってしまえば、すぐに落剝(らくはく)してしまうでしょう。
つまり、下地処理とは塗料を塗るまでにやっておかなければならない処理の総称です。
この下地処理を丁寧に行っていれば、塗装はより長持ちするでしょう。
次の項で、下地処理の種類をより詳しくご紹介していきます。

3.下地処理の種類や方法とは?

この項では、下地処理の種類や方法をご紹介させていただきます。
一体どのような処置を行うのでしょうか?

3-1.高圧洗浄
高圧力の水をかけて外壁の汚れを落とします。
水を高圧で吹きつければ、洗剤を使わなくても汚れが落ちるほど水圧が強い洗浄機なのです。
外壁につく汚れはちりやほこり、土以外にも、カビやコケなどがあります。
これらをすべて落とさなければ塗り直しはできません。

3-2.補修
築年数がたった建物は外壁自体がいたんでいることも珍しくありません。
特に「クラック」といわれるひび割れは、木造モルタルの住宅によく発生するでしょう。
亀裂幅によって、シール工法(コーキング材を用いる工法)材などで埋める場合や亀裂幅が大きい場合はUカット工法(サンダーを用いる工法)モルタル埋め戻し工法などで亀裂を埋めていきます。
また、鉄骨建築では、サビがういていることも珍しくありません。
この場合は、サビを丁寧にケレン処理(研磨)してサビ止めを塗ります。
どの程度補修が必要なのかは、建物の劣化はそれぞれなので、実際に外壁を診断してみなければ分かりません。
しかし、築年数が古い建物ほど補修には時間はかかるでしょう。

3-3.シーリング処理
現在の住宅は、モルタルに代わってサイディングボードを外壁に張りつけることが多いです。
サイディングにはいろいろな種類があるため、現在の一戸建ての外壁は非常にバラエティーに富んでいます。
このサイディングはシーリングという一種の接着剤で壁に張りつけれているのです。
このシーリングが劣化すればサイディングボードも落剝(らくはく)の危険があります。
ですから、シーリング材を補充したり入れ換えたりして、処理を行うと建物の耐久性を向上させます。

4.下地処理は時間と費用がかかる?

下地処理にはいろいろな方法があることがお分かりいただけたと思います。
上記に記載しましたが、外壁は常に風雨にさらされている場所です。
木造住宅でモルタル壁の場合クラック補修は必須です。
わずかな亀裂から建物内部へ浸水し躯体を腐食させ、大規模改修になるケースもよく耳にします。
実はリフォームで一番多い依頼は雨漏りなのです。
しかし、雨漏りをしてからでは”時すでに遅し”多額の工事が必要になります。
それに比べると定期的なクラック補修はお安くお手ごろにできます。

しかし、ここまで記事を読まれた方はお分かりだと思いますが、下地処理を怠ればいくらよい塗料を使って外壁塗装を行ったとしても、耐久性は低くなるでしょう。
下地処理を怠るということは、スキンケアをせずに厚化粧をするようなものです。

5.最近の塗料は進歩している
さて、下地処理が終わったらいよいよ塗料を塗ります。
塗料は年々進歩していて、耐用性が20年以上の塗料、自分で汚れを落とすものまであります。
こんなに種類が多いと困っている方も多いでしょう。
そんな方は当社の塗装メニューをご覧ください
大手塗料メーカーから加盟店でしか取り扱うことができない塗料など多数取り揃えております。

建物診断無料キャンペーン中

外壁塗装や屋根塗装はもちろん・コーキング工事・防水工事・雨漏などの建物診断を行っております。
ただいまキャンペーン中で福岡市内にお住いの方限定無料で診断致します。
更に建物を診断する者はすべて外壁診断士(外壁アドバイザーを含む)保有者が診断を行うため安心できます。
(※もちろんその際の相談はすべて無料になります。)

福岡で外壁塗装・屋根塗装をお考え中の方は、福岡県福岡市 地域密着 福岡ペイントまでご相談ください★☆

\ 1日1棟限定!建物診断の空状況はコチラ /
お問合せはこちら

福岡ペイント塗装料金についてはコチラ
お色や塗り替え後の雰囲気をイメージできない方はこちらをご参考にしてください★☆

福岡ペイントが選ばれる理由はコチラ
塗り替えに不安点がある方はこちらをご覧ください★☆

福岡県福岡市外壁塗装・屋根塗装専門店 福岡ペイント

福岡ペイント
お客様専用ダイヤル:0120-248-228

福岡市地域最大級塗装ショールーム
【3月7日(土)・8日(日)グランドオープン】
福岡県福岡市南区大池1丁目23-15
\ 残りわずか!ご来場空き確認はコチラ /
お問合せはこちら