屋根塗装の適正なタイミング】

作業紹介

屋根の塗り替えどき

屋根は家を雨や雪や紫外線から守る大切な役割です。
常に外部と触れ合っている箇所であるため、定期的に塗り替え・メンテナンスを行っていかなければなりません。
メンテナンスを定期的に行うことで、丈夫な状態を保ち続けることができます。
もし、塗り替え・メンテナンスを怠れば、劣化が進行し雨漏りなどの不具合が出てきてしまうのです。
そこで、本記事では、屋根塗装の基礎知識や塗装時期・方法・業者の選び方などについて詳しく説明します。

1.屋根塗装の基礎知識
2.屋根塗装をすべき時期とは

この記事を読むことで、屋根の塗り替えを行うために必要な知識と情報を知ることができます。塗装時期や方法が知りたい方はぜひチェックしてください。

1.屋根塗装の基礎知識

屋根の塗り替えは、家の耐久性の向上につながる大切な作業です。
最適の方法で塗り替えをするためにも、屋根塗装の基礎知識を身につけ、屋根塗装の素材や必要性・メリットなどについて説明します。

1-1.屋根塗装とは
屋根は日々紫外線や雨風などにさらされているため、家の中で最も劣化しやすい箇所です。
そのため、定期的に塗り替えを行い、常に丈夫で綺麗な屋根を保ち続けておかなければなりません。
そこで屋根の状態を最適に保つために必要なのが屋根塗装です。
また、屋根塗装は屋根の素材に合わせて施工が必要です。
正しい塗装工事を行うためにも、屋根の素材、特徴をきちんと把握しておく必要があります。

1-2.屋根塗装ができる素材について
屋根の塗り替えを始める前に、塗装ができる素材・適さない素材・必要ない場合をチェックしておきましょう。
屋根に使われる素材は、日本瓦・セメント瓦・コロニアル・金属屋根・スレートなどが挙げられます。

1-2➀.屋根塗装に適している素材
月日が経過するほど劣化が目立つ素材は、定期的に屋根塗装を行う必要があります。
屋根塗装に適している素材は、セメント瓦・コロニアル・金属屋根・スレート・モニエル瓦などがあります。
日本の住宅のほとんどが、屋根塗装に適しているといえるます。
事前に、自宅の屋根はどんな素材でできているのか確認しておいてください。

1-2➁.屋根塗装が必要ない場合
素材の中には屋根塗装が必要ないものもあります。
それは、日本瓦です。
古くから日本式の住宅に使われている屋根素材で、日本瓦は耐久性に優れています。
基本的に、屋根塗装は美観性・耐久性・遮熱性という機能を向上させるために行うもので、耐久年数が100年以上といわれている日本瓦は、塗装を行う必要がありません。

1-2➂.適さない屋根素材
屋根素材として適切でないものは、すぐにサビがついてしまうもの・点検やメンテナンスが困難なものです。
例えば、現在では使われていないトタン屋根が挙げられます。
トタン屋根は、鉄の薄い板なので軽量という特徴を持っていますが、耐久性が非常に低いことが特徴です。
また、屋根の設計によっては、瓦の重さに耐えられない構造をしていると、屋根に適する素材が変わります。

1-3.屋根塗装の必要性・メリット
塗り替えが必要な場所といえば、外壁と屋根が1番に挙げられます。
屋根は外壁よりも劣化しやすい箇所であり、劣化スピードが最も速いのです。
屋根塗装の大きなメリットは、劣化防止にあります。
定期的に塗り替えを行うことで劣化を防ぎ、屋根の耐久性向上につながります。
防水機能・耐熱効果のある塗料を塗れば、より一層丈夫な屋根に仕上がります。

2.屋根塗装をすべき時期とは

「いつ屋根の塗装を行えばいいのかわからない」と悩んでいる方は多いでしょう。
適切な時期を知るためにも、年数・劣化のサイン・不具合について詳しくチェックしてください。

2-1.劣化年数
屋根の素材によって、耐用年数が異なります。
耐用年数が近づいてきた時期こそ、塗り替えのタイミングです。
そのため、家に使われている屋根素材の耐用年数をきちんと把握しておかなければなりません。
主な屋根素材の耐用年数を以下にまとめてみました。

〇スレート屋根:約10年
〇板金屋根:約10年
〇銅板屋根:約30年

2-2.劣化のサイン
劣化のサインはどこかで必ず現れます。
そのサインを見逃さないためにも、事前にどのような劣化症状が起きるのか、把握しておかなければなりません。
主な劣化のサインを以下にピックアップしてみました。

〇ひび割れがある
〇苔(こけ)が生えている
〇金属部分が腐食している
〇雨漏りしている、または雨漏り跡が見つかる
〇色が褪せている
〇軒樋に屋根の色が残っている。

実際に、屋根にのぼり確認するのは危険なので、塗装店に依頼して屋根の状態をチェックしてもらうことをオススメします。

2-3.雨漏りなどの不具合
天井から雨漏りしている場合、ほとんど屋根に原因があります。
屋根の劣化によるすき間や腐食・屋根下地の機能低下が主な原因となるでしょう。
すぐに塗り替えをして雨漏りを解消しなければなりません。
雨漏りを放置すると、屋根だけでなく家全体の耐久性が低くなってしまいます。
家の価値を落とさないためにも屋根の定期的なメンテナンスは心がけてください。

建物診断無料キャンペーン中

外壁塗装や屋根塗装はもちろん・コーキング工事・防水工事・雨漏などの建物診断を行っております。
ただいまキャンペーン中で福岡市内にお住いの方限定無料で診断致します。
更に建物を診断する者はすべて外壁診断士(外壁アドバイザーを含む)保有者が診断を行うため安心できます。
(※もちろんその際の相談はすべて無料になります。)

福岡で外壁塗装・屋根塗装をお考え中の方は、福岡県福岡市 地域密着 福岡ペイントまでご相談ください★☆

\ 1日1棟限定!建物診断の空状況はコチラ /
お問合せはこちら

福岡ペイント塗装料金についてはコチラ
お色や塗り替え後の雰囲気をイメージできない方はこちらをご参考にしてください★☆

福岡ペイントが選ばれる理由はコチラ
塗り替えに不安点がある方はこちらをご覧ください★☆

福岡県福岡市外壁塗装・屋根塗装専門店 福岡ペイント

福岡ペイント
お客様専用ダイヤル:0120-248-228

福岡市地域最大級塗装ショールーム
【3月7日(土)・8日(日)グランドオープン】
福岡県福岡市南区大池1丁目23-15
\ 残りわずか!ご来場空き確認はコチラ /
お問合せはこちら