ベランダのFRP防水について

作業紹介

バルコニーのFRP防水

こんにちは!
福岡ペイントの新見です!
福岡市南区のお客様のFRP防水について記事を書いていきます!
福岡市南区のお客様でバルコニーから雨漏りしているというお問い合わせをいただきました。

バルコニーからの雨漏り

今回お問い合わせいただいたのは、『バルコニーの床が歪んでいて心配』というお問い合わせでした。
戸建のバルコニーの下地は基本的に、木材又はコンクリートの2パターンです。
下地材によって施工方法をご提案しております。

こんな症状はありませんか?

施工前の画像

上の画像を見ると、『うちのバルコニーもこんな感じの劣化はしている』など、一見そこまで気にならない方もいらっしゃると思いますが、意外と劣化していました。

雨漏りを放っておくとどうなる?

既存の防水層を剥ぐと、、、

上の画像のように劣化しておりました。
内部の木は腐食して、弱り、下地の機能を果たせないほどになっておりました。

FRP防水とは

FRP防水(エフアールピーぼうすい)は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水工法である。 出来上がった防水層は継ぎ目のないシームレスな構造となる。

FRP防水+長尺シートの工程

①プライマー塗布

②ガラスマット敷/エポキシ樹脂塗布

③トップコート塗布

④長尺シートプライマー

⑤長尺シート貼り

⑥コーキング充填

⑦完了

工期はどれぐらい?

工期は既存の下地具合や天候によって異なりますが、2〜4日程度です。

まとめ

福岡市南区のお客様にご依頼をいただいた、バルコニーのFRP防水の施工経過でした。
雨漏りは建物の内部を腐食し、建物自体の劣化の進行を早めます。
早期発見、早期解決こそが、建物を長持ちさせる秘訣です。

福岡市内限定の雨漏キャンペーン

雨漏り対策工事 15,000円〜(税抜)
期限:令和2年6月30日まで
TEL:0120-248-228

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止について

当社では新型コロナウイルス感染症拡大防止、お客様や職人同士での感染拡大防止・ご安心の上施工していただくため、行政の指示のもと、3密を控えて工事を行うよう要請しております。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご了承のほど、よろしくお願い致します。
また、下記に当社の対策詳細を記載しておりますので、ご確認の程、よろしくお願い致します。

感染拡大防止に関するご対応の詳細

〇施主様との3密を控えること。
〇職人同士は3密を意識し、作業を行うこと。
〇職人は、毎朝検温を行い、37.5℃を超えるものは、現場の入場を控えること。
〇職人には、毎日うがい・手洗い・手指消毒を要請致しております。
〇施工の内容や施工の進行状況につきましては、原則、施工状況お知らせシートまたはお電、メールで施主様へご報告すること。
〇職人はマスクを着用し、施工を行うよう要請致しております。

福岡で外壁塗装・屋根塗装をお考え中の方は、福岡市 外壁塗装 屋根塗装 福岡ペイントまでご相談ください★☆

\ 1日1棟、建物診断空状況はコチラ /
空状況はこちら

福岡ペイント塗装料金についてはコチラ
塗装専門店+自社足場だからできる、福岡最安値の料金一覧がコチラ。

福岡ペイントが選ばれる理由はコチラ
塗り替えに不安点がある方はこちらをご覧ください★☆

福岡市 外壁塗装 屋根塗装 福岡ペイント

福岡ペイント
お客様専用ダイヤル:0120-248-228

塗装ショールーム野間大池店
福岡県福岡市南区大池1丁目23-15
マクドナルド野間大池店すぐそば

\ ご来店空状況はコチラ /
ご来店空き状況はコチラ