ベランダの防水工事について

実績一覧

福岡市の外壁塗装・屋根塗装は福岡ペイント
こんにちは!
福岡ペイントの植田です。
先日は、ウレタン防水についてお話ししましたが、本日は、ベランダのFRP工法についてお話しします。

FRP工法ってなに?

FRPとは、「繊維強化プラスチックス(Fiber Reinforced Plastics)」の略称です。
繊維強化プラスチックとは、プラスチック材料の中でも衝撃性に強く、耐水性や成形性が良いことから、ベランダ・バルコニーの床だけではなく、ボートや自動車のボディパーツ、浄化槽、バスタブ、太陽光発電や通信設備の基礎架台などに利用されています。
FRP防水の材料は、防水用のポリエステル樹脂と防水用のガラスマット、そしてトップコートからできています。
FRP防水はFRP樹脂とガラスマットで防水層を作る工法です。

FRP工法の特徴

FRPは防水層が軽くて丈夫、しかも耐熱性が優れ、劣化やサビにも強いです。ほかの防水材と比べても軽く、重量にも耐えられます。
また摩耗に強いため上を人が歩いても、なかなか剥がれません。
屋上やベランダ、また競技場や工場の床にも使用されています。
FRPはほかの工法に比べて、硬化するのも早いこともメリットです。
通常1~2日で、仕上がるため施工が短期間で済みます。早く施工できて、見た目も美しいということで、人気が高まっています。

ほかの防水工事との違いは?

先日お話ししたウレタン防水との違いですが、ウレタン防水は、比較的簡単に技術が習得でき、軽量なため、従来からよく用いられてきました。
ウレタン防水は乾くのも遅いため、施工に時間がかかるのが通常でした。
しかしFRP防水はウレタン防水に比べて硬化が早いので、施工にかかる時間が早くて済みます。また軽くて強いので、塗った後人や車両が通ったりもでき、仕上がりの見た目も美しいのです。
金額面でいうと、FRP工法の方が材料費が高いため、他の工法に比べると金額は上がります。
そういう違いがあります。

どんな工程なの?

【トップコートのみ塗り替え】
①高圧洗浄
②研磨・目粗し
③アセトン拭き
④プライマー塗布
⑤トップコート塗装※二度塗り
※トップコートとは、『防水層のコーティング塗装のこと』

【FRP防水の張り替え】
①既存防水層撤去※ベニヤなどの下地の損傷が激しい場合は、ベニヤの張り替えも必要。
②プライマー塗布
③FRP防水3層塗り※ガラスマットにポリエステルを加え、防水層を作ります。
④トップコート塗装

まとめ

最後になりますが、ウレタン防水とFRP防水のどちらがいいの?という方もいらっしゃると思います。
両方ともベランダ防水で用いられる工法です。
下記の基準がわかりやすいかもしれません。

・ウレタン防水工法
→『安価で防水工事を行ないたい方』
『その後のメンテナンスも安く済ませたい方』
・FRP工法
→『ベランダにおいて歩行に耐えることができる強度が欲しい方』

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止について

当社では新型コロナウイルス感染症拡大防止、お客様や職人同士での感染拡大防止・ご安心の上施工していただくため、行政の指示のもと、3密を控えて工事を行うよう要請しております。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご了承のほど、よろしくお願い致します。
また、下記に当社の対策詳細を記載しておりますので、ご確認の程、よろしくお願い致します。

【感染拡大防止に関するご対応の詳細】
〇施主様との3密を控えること。
〇職人同士は3密を意識し、作業を行うこと。
〇職人は、毎朝検温を行い、37.5℃を超えるものは、現場の入場を控えること。
〇職人には、毎日うがい・手洗い・手指消毒を要請致しております。
〇施工の内容や施工の進行状況につきましては、原則、施工状況お知らせシートまたはお電、メールで施主様へご報告すること。
〇職人はマスクを着用し、施工を行うよう要請致しております。

福岡で外壁塗装・屋根塗装をお考え中の方は、福岡市 外壁塗装 屋根塗装 福岡ペイントまでご相談ください★☆

\ 1日1棟、建物診断空状況はコチラ /
空状況はこちら

福岡ペイント塗装料金についてはコチラ
塗装専門店+自社足場だからできる、福岡最安値の料金一覧がコチラ。

福岡ペイントが選ばれる理由はコチラ
塗り替えに不安点がある方はこちらをご覧ください★☆

福岡市 外壁塗装 屋根塗装 福岡ペイント

福岡ペイント
お客様専用ダイヤル:0120-248-228

塗装ショールーム野間大池店
福岡県福岡市南区大池1丁目23-15
マクドナルド野間大池店すぐそば

\ ご来店空状況はコチラ /
ご来店空き状況はコチラ