ガルバリウム銅板について②

作業紹介

こんにちは!
福岡ペイントの植田です。
本日は、昨今外壁・屋根に多く使用されるようになっているガルバリウム銅板についてお話ししていきます。

ガルバリウム銅板とは

1972年にアメリカ合衆国のベスレヘム・スチールが開発した、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%から成る、アルミ亜鉛合金めっき鋼板です。
ガルバリウムは国内で使用される金属系サイディングの中で、最も主流となる外壁材です。
見た目にも機能性にも大きなメリットがあります。

メリット

【錆びにくい】
ガルバリウム鋼板は金属ですが錆びにくいという特徴があります。
ただし、絶対錆びないというわけではなく、稀にですが酸性雨や雨が乾きにくい環境などが影響し、錆びることもあります。

【耐用年数が長い】
ガルバリウム鋼板は、屋根や外壁に使用する素材の中では比較的耐用年数が長いことも挙げられます。ガルバリウム鋼板は20~30年以上は持つとされています。

【軽量で耐震性がある】
ガルバリウム鋼板の厚みは1~3mmほどしかなく、薄く軽量です。家の基礎部分にかかる重量負荷を抑えられるため、地震が起きたときの負担も少なくできることになります。耐震対策を考えている方は、ガルバリウム鋼板を屋根や外壁に使用される傾向があります。

【デザイン性を上げられる】
ガルバリウム鋼板は加工しやすい素材で、瓦調にすることなどもできます。屋根や外壁をおしゃれに仕上げたいなら、ガルバリウム鋼板が向いているでしょう。さまざまなデザインに加工することができます。

デメリット

【コストがかかる】
ガルバリウム鋼板の外壁や屋根の耐用年数は長いのですが、意外にデリケートで定期的な修繕が必要となります。その材料費、工事費などの維持コストが比較的高くついてしまうのです。施工する際には錆びないようほかの金属と接触させない配慮が必要で、湿気を逃がすための工夫もしなければなりませんから、施工・修繕の費用は高くなる傾向があります。

【断熱材が必要な場合もある】
ガルバリウムは元々断熱性能を考慮した素材ではなく、断熱材が別途必要になることが一般的です。ガルバリウム鋼板は美しい外観を持ちながら、雨や湿気、紫外線の影響、空気の汚れなどから家を守り、長く快適に暮らすために開発されています。そのため、快適性を求める場合は断熱材などに頼る必要があります。

メンテナンス方法の注意点

ガルバリウム鋼板の屋根や外壁のメンテナンス方法は、定期的に水をかけて洗浄するだけという簡単なものです。
ガルバリウム鋼板を高圧洗浄機で洗浄する場合には、特に注意が必要です。基本的に高圧洗浄は威力が強すぎてガルバリウム鋼板には不向きなため、やさしく水をかけてメンテナンスしましょう。

明日は、ガルバリウム銅板の塗装の情報をお伝えします。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止について

当社では新型コロナウイルス感染症拡大防止、お客様や職人同士での感染拡大防止・ご安心の上施工していただくため、行政の指示のもと、3密を控えて工事を行うよう要請しております。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご了承のほど、よろしくお願い致します。
また、下記に当社の対策詳細を記載しておりますので、ご確認の程、よろしくお願い致します。

【感染拡大防止に関するご対応の詳細】
〇施主様との3密を控えること。
〇職人同士は3密を意識し、作業を行うこと。
〇職人は、毎朝検温を行い、37.5℃を超えるものは、現場の入場を控えること。
〇職人には、毎日うがい・手洗い・手指消毒を要請致しております。
〇施工の内容や施工の進行状況につきましては、原則、施工状況お知らせシートまたはお電、メールで施主様へご報告すること。
〇職人はマスクを着用し、施工を行うよう要請致しております。

福岡で外壁塗装・屋根塗装をお考え中の方は、福岡市 外壁塗装 屋根塗装 福岡ペイントまでご相談ください★☆

\ 1日1棟、建物診断空状況はコチラ /
空状況はこちら

福岡ペイント塗装料金についてはコチラ
塗装専門店+自社足場だからできる、福岡最安値の料金一覧がコチラ。

福岡ペイントが選ばれる理由はコチラ
塗り替えに不安点がある方はこちらをご覧ください★☆

福岡市 外壁塗装 屋根塗装 福岡ペイント

福岡ペイント
お客様専用ダイヤル:0120-248-228

塗装ショールーム野間大池店
福岡県福岡市南区大池1丁目23-15
マクドナルド野間大池店すぐそば

\ ご来店空状況はコチラ /
ご来店空き状況はコチラ