弱溶剤塗料と水性塗料のメリット・デメリットについて

未分類

こんにちは‼
福岡市南区外壁塗装・屋根塗装福岡ペイントの長谷川です‼
今回は、弱溶剤塗料と水性塗料のメリット・デメリットについてご説明させていただきます。

弱溶材塗料と水性塗料の特徴

●弱溶材塗料(油性)
シンナーの種類によって、強溶剤・弱溶材の2種類に分類されています。
シンナーで希釈をするため、乾燥するまで刺激があるにおいが発生しますが、
水性塗料に比べて塗膜が薄いので、直貼りのサイディングや銅板におススメです‼‼

●水性塗料の特徴
水性塗料は、シンナーを使用しないので臭いが少ない特徴があり、
塗料によっては、甘い匂いやローズの香りがする塗料があります。
また、現在は水性塗料が主流で需要が高いため、各塗料メーカーが開発に力を入れているのが特徴です。

弱溶材塗料のメリット・デメリット

【メリット】
強溶剤に比べて、においが少ない特徴があります。
また塗料に含まれている有機物が少ないため環境や人体への影響が少ないです。

【デメリット】
乾燥時間が長い特徴があります。
また、塗膜が硬く柔軟性がないためクラックに弱いです。

水性塗料のメリット・デメリット

【メリット】
溶剤に比べて匂いが少なく、塗膜がに柔軟性があるため、クラックに強いです。
また保管性に優れており溶剤中毒の危険性がないといったメリットがあります。
現在は、水性塗料が主流のため新しい塗料の開発が盛んです。
そのため、性能が高い塗料が次々と販売されています。

【デメリット】
乾燥するまでは水に弱く、塗料直後に水が付着すると塗料が流れてしまいます。
また塗装できる建材の幅が狭い傾向があります。
同じ面積を塗装する場合、油性塗料よりも塗料を多く使用するため施工単価が高くなる可能性があります。

コロナ対策!ご予約優先制

コロナウイルス感染拡大防止で、ご予約優先制とさせていただきます。
(注※ご来店時はマスク着用を宜しくお願い致します)

福岡市南区・城南区で外壁塗装・屋根塗装をお考え中の方は、福岡市 城南区 南区 外壁塗装 屋根塗装 屋根リフォーム 福岡ペイントまでご相談ください★☆

\ 1日1棟、建物診断空状況はコチラ /
空状況はこちら

福岡ペイント塗装料金についてはコチラ
塗装専門店+自社足場だからできる、福岡最安値の料金一覧がコチラ。

福岡ペイントが選ばれる理由はコチラ
塗り替えに不安点がある方はこちらをご覧ください★☆

福岡市南区 城南区 外壁塗装 屋根塗装 福岡ペイント

福岡ペイント野間大池ショールーム
お客様専用ダイヤル:0120-248-228

塗装ショールーム野間大池店
福岡県福岡市南区大池1丁目23-15
マクドナルド野間大池店すぐそば

\ ご来店空状況はコチラ /
ご来店空き状況はコチラ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止について

当社では新型コロナウイルス感染症拡大防止、お客様や職人同士での感染拡大防止・ご安心の上施工していただくため、行政の指示のもと対策を行っております。
ショールームにお越しの際は、何とぞ、ご理解、ご了承のほど、よろしくお願い致します。
また、下記に当社の対策詳細を記載しておりますので、ご確認の程、よろしくお願い致します。

ショールーム内での感染拡大防止に関するご対応の詳細

〇スタッフのマスクを着用すること
〇スタッフは毎朝朝礼時に検温を行うこと
〇応接テーブルには、パーテーションを設置し、各テーブルは2m以上距離を保つこと
〇応接テーブルは、1組様ごとに消毒を行い、清潔に保つこと
〇スタッフは定期的に室内の換気を行い、清潔な空間を保つこと
〇スタッフ手指消毒・手洗い・うがいを行うこと
〇お茶やコーヒーなどの飲食物は紙コップを使用すること
〇ドアノブ、ショールーム内の設置物については、常時消毒を行うこと
〇来店が被らないように、ご予約優先制で来店予約を管理すること