カビの発生原因について

塗装の豆知識

こんにちは‼
福岡市南区外壁塗装・屋根塗装福岡ペイントの長谷川です‼
今回は、外壁のカビの発生原因についてご説明させていただきます。

外壁にカビが発生する原因

カビの胞子は空気中に浮遊しており、外壁に付着することもあります。
外壁がカビに適した環境であった場合、カビの胞子は発芽して成長。どんどん増殖していきます。

▼【カビに適した環境】
直射日光が当たらない
湿気が多い
栄養(有機物)がある ※汚れなど

つまり、外壁が上記環境にあると、カビが発生(成長&増殖)する可能性が大ということです。

カビが発生しやすい立地条件・外壁種類

【立地条件】
日当たりが悪い
風通しが悪い
田んぼ・川の近くにある
植物が周りにある

【外壁種類】
モルタル外壁
リシン
スタッコ
凸凹のあるデザインの外壁

また、劣化の進行した外壁には、カビが発生しやすい傾向があります。

外壁のカビは早々に除去しましょう‼‼

外壁のカビは、早々に除去することをおすすめします‼‼
なぜならば、外壁のカビには以下のようなリスクが隠れています。

見た目が悪い
●外壁の傷み(劣化)が早くなる
●アレルギーなどの病気の原因ともなりうる
●長く放置すると完全に除去するのが難しくなる